徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
家綱の逸話3
2007/11/28 14:29 [Wed]
category:〔四代〕家綱
 家綱が食事をしていた時、汁物を飲もうとすると髪の毛が入っていた。

 家綱は平然と髪の毛を箸でつまんで取り出したが、小姓があわて新しいものと交換しようとした。

 家綱はその小姓に対し
 「その汁は途中で捨て、椀を空にして下げるように。」と言った。

 これは椀を空にすることにより、普段のおかわりと同様に扱えということで、咎められる者が出ないようにとの配慮からであった。

スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家綱の逸話2
2007/11/28 14:23 [Wed]
category:〔四代〕家綱
 遠島になった罪人の話を聞いた家綱は、彼らは何を食べているのだろう、と近臣の者に尋ねたが誰も答えることができなかった。

 そこで、家綱は
 「命を助けて流罪にしたのに何故、食料を与えないのか。」と言った。

 それを、聞いた家光は喜び、「これを竹千代(家綱)の仕置きはじめにせよ。」と命じ、流人に食料を与えるようになったという。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家綱の逸話1
2007/11/07 14:16 [Wed]
category:〔四代〕家綱
 家綱が将軍職を継いで間もない頃、即ち家綱が少年時代のこと、江戸城本丸の天守閣に上った際、側近の者が遠眼鏡をすすめたところ、

 「自分は少年ながら将軍である。もし将軍が天守から遠眼鏡で四方を見下ろしていると知れたら、おそらく世人は嫌な思いをするに違いない。」と遠眼鏡を手にしなかったという。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。