徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
家定は毒殺か?
2008/07/20 22:50 [Sun]
category:〔十三代〕家定
NHK大河「篤姫」では、家定が帰らぬ人となってしまいました。享年35歳。

家定の死を巡っては、当時から毒殺されたのではないかと噂が飛び交ったと言います。
家定が将軍職を務めたのは、嘉永6年(1853)11月23日から安政5年(1858)7月6日のわずか4年8ヶ月。篤姫とは1年半余りの結婚生活でした。

家定の死の前後の主な出来事を並べると次のとおりです。

安政5年(1858)4月21日
老中首座・堀田正睦、「福井藩主・松平慶永を大老に」と家定に進言するも
「大老ならば、家格、人物からみて井伊直弼をおいて他になし」と退けられる

安政5年(1858)4月23日
井伊直弼 大老に就任

安政5年(1858)5月1日
井伊直弼、新将軍に徳川慶福(家茂)内定の通達を出す

安政5年(1858)6月19日
幕府、勅許を得ぬまま「日米修好通商条約」調印

安政5年(1858)6月23日
一橋慶喜、無勅許の条約締結について井伊直弼を問責
堀田正睦、老中を罷免される

安政5年(1858)6月25日
徳川慶福、将軍継嗣に決定

安政5年(1858)7月3日
家定、重体に陥る

安政5年(1858)7月6日夕刻
家定薨去

安政5年(1858)8月8日
家定薨去を正式発表

何度か当ブログで触れてきた次期将軍を巡る一橋派と南紀派の争いは、慶喜と慶福(家茂)のどちらが将軍家にふさわしいかという問題よりも、むしろ雄藩による幕政改革派と従来型の譜代、徳川家臣による保守派の争いでした。
この争いも家定の死の直前3ヶ月前に井伊直弼が大老に就任することにより、一応の終止符が打たれました。
終止符と同時に用済みとばかりに家定の命が尽きたのです。


家定暗殺の黒幕として噂されたのは、徳川斉昭井伊直弼です。

斉昭は、慶喜の父であり、将軍継嗣に慶喜ではなく慶福を指名した家定に恨みを持って、奥医師を使って毒を盛ったとするものです。

直弼は、家定よりも13歳に過ぎない慶福の方が御しやすいと考えたのではないかということと、その後の豪腕ぶりをみると目的を達成するためには手段を選ばなかったのではないかということです。

私見ですが、水戸斉昭について言えば、勤皇精神と同じくらい徳川一族の重鎮としての誇りを抱いていた人物だと思っています。
クセがありましたが優れた人物で怒りに任せて、将軍暗殺を行うことは考えられません。
(参考 ⇒⇒⇒ 大奥の水戸嫌い

また、井伊直弼については確かに家定薨去の前後の出来事からも、実行できる立場にいたことからしても一番怪しいと思われました。
しかし、将軍の暗殺をするほどの大事を冒すためには、よほどの動機と利益がなくてはなりません。 そういうことからすると直弼についても暗殺の可能性は少ないと思います。


一般には家定の死因は、脚気衝心だと言われています。
脚気はビタミンB1不足から起こる病気で下肢のむくみやしびれなどの症状が現れ、やがて循環器に障害が起こり、心筋機能の低下により死に至る場合があります。(現在は、死に至る場合は非常に少ないと思われます)

脚気衝心は別名、江戸患いとも言われ白米を常用できる者に蔓延しました。
当時、身分が高い者に特にこの死因が多かったのです。

幕末に書かれた「昨事紀事」には、家定の身に起こった乏尿、下肢浮腫、呼吸障害などの脚気衝心の症状が記録されています。
家定の病状が悪化すると幕府は、これまでの蘭方禁止令を解き、名が高かった蘭方医を奥医師に登用して家定の治療に当てるなどの措置を取りましたが、家定が回復することはありませんでした。

この病気が夏に悪化することを考え合わせると、持病の脚気で病死したという可能性が高いのではないでしょうか。
そして、家定暗殺説は、一橋派と南紀派の中傷合戦の延長だったのではないかと思います。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
家定の逸話2
2008/02/06 23:52 [Wed]
category:〔十三代〕家定
1855年12月、アメリカ領事タウンゼント・ハリスは家定に謁見した時の家定の様子を次のように書きとめている。

「大君は自分の頭を、その左肩を超えて後方へぐいっとそらしはじめた。同時に右足を踏み鳴らした。これが三、四回くりかえされた。それからかれは、よく聞こえる、気持ちのよい、しっかりとした声で次のように言った。

『遠方の国から、使節をもって送られた書翰に満足しています。また使節の口上についても満足しています。両国の友好は永遠に続くでしょう』

ハリスは、家定の挙動が尋常でない姿を見ても、その知性に疑いを持たなかったのである。


テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家定の逸話1
2008/02/05 21:55 [Tue]
category:〔十三代〕家定
家定は、多病であり非常に癇が強く、本人の意思にかかわりなく首や手足がピクピク動くという体質を持っていた。

また、天然痘にかかって、顔にあばたがあったため、人に会うのも嫌がる傾向があった。
好んでしたことは自ら、薩摩芋や唐茄子を煮たり、饅頭やカステラを作ることだったという。


テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家定物語~篤姫が嫁いだ将軍(後編)
2008/01/19 20:38 [Sat]
category:〔十三代〕家定
篤姫が嫁いだ将軍・家定物語の後編です。

家定は、虚弱な体質であり、幕政をリードできるほどの資質を備えていなかったのは史実が証明するとおりです。

前回、ご紹介したとおり家定は、癇癖将軍とか芋公方などとあだ名されています。
家定には、何らかの体の障害があり、日常的に首を振ったり、手足が痙攣する体質であったことや饅頭やカステラを作ったり、豆を煮たり、芋をふかすことが好きだったためです。

このようなあだ名や逸話から家定の人間像は、知性に問題があって、子供のような事に熱中した子供同然、あるいは廃人のような将軍との印象を後世に与えています。

ところが、家定は、将軍としてアメリカ領事タウンゼント・ハリスの謁見を行った事で知られています。
幕臣がセットした舞台を演じただけという見方もできますが御側御用取次を勤めた竹本要斎の回顧談として次のような話があります。

「外国人などは畜生に近いものという時代に家定様には偏見がなく、外国の事情に通じていた外科医を手許に呼び寄せて、外国の事情を尋ね、得心のいかないことは更に幕府の通辞に調査を命じており、そのような事は前後の将軍にもなかったことである。」

次のような話もあります。
家定は、中奥の御山から、アメリカから贈られた高性能の望遠鏡で品川沖を眺め、ペリー艦隊の動静に心を悩ましていたと。

また、実際に家定は、幕府の武芸訓練機関である講武所にたびたび赴き、軍事調練や軍艦や大砲などの視察も行っている。

それでは、なぜ、家定の知性に問題のあるという評価が定着してしまったのでしょうか。
この評価の元となったのは「安政紀事」という本と言われています。著者は、内藤耻叟(ないとうちそう・元水戸藩士)。
私の蔵書にもありますが、内藤は「徳川十五代史」の著者としても有名で、後に帝国大学の教授になった人物ですが歴史学者の間では、記述に誤りの多い事も指摘されています。

家慶の時代から将軍職に嘱望されていた水戸家出身の慶喜を後継に指名せず、家定自身が慶喜嫌いであったため、もしかすると、元水戸藩士である内藤としては家定嫌いで殊更に厳しい記述となったのかもしれません。

家定は、安政3(1856)年12月18日、3度目の御台所・篤姫を迎えますが、安政5(1858)年7月6日に脚気衝心で薨去します。

平穏な時代であれば、家定も自分の人生を楽しみ、もう少し長生きも出来たのではないでしょうか。
ところが、時代は、家定に未曾有の外圧を与えます。

家定は、生まれながらに将軍になることを運命付けられて育ちました。
病弱な体と自分の能力の限界と闘い、絶望と孤独感に思い悩む事も多かったのではないでしょうか。

家定に、このような評価もあることを参考に大河ドラマ「篤姫」を見ていただきたいと思います。


にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ

バナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上がります。
よろしくお願いします。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家定物語~篤姫が嫁いだ将軍(中篇)
2008/01/12 21:56 [Sat]
category:〔十三代〕家定
篤姫が嫁いだ将軍・家定物語の続編です。

将軍継嗣として西丸に入った天保12(1841)年の暮れ、家定は鷹司家(五摂家の一つ)から御台所を迎えます。

家定の最初の御台所となった任子(ただこ)は、将軍御台所となるべく、婚儀の10年前から江戸に下向し、準備を重ねて婚儀を迎えます。時に家定18歳、任子19歳。

任子との間には、子宝には恵まれませんでしたが夫婦仲が良く、任子は非常に美しい人で義父である家慶にも良く仕えたといわれていますが、任子の病死によって結婚生活も7年余りでピリオドを打ちます。

任子が没した翌年、家定は、同じ五摂家の一つである一条家から2人目の御台所を迎えます。名は秀子(ひでこ)。しかし、秀子は1年を待たず病死しており、どのような人物かは余り伝わっていません。

嘉永6(1853)年6月22日、父である十二代将軍・家慶が薨去します。
通常、将軍に実子がいる場合には、将軍位を子に引継ぎ、自らは、大御所として後見するのですが家慶・家定父子はそうではありませんでした。一説には、不仲説もあるようですが、むしろ、家定に子が授かる兆しもなく、家定自身病弱だったため、家慶も楽隠居する気にならなかったのが実情だとも思います。
ちなみに、家慶は家定の控えとして、水戸家から一橋家慶喜を送り込みます。

ともあれ、家慶の薨去に伴い、家定は30歳で将軍位を継ぐことになりますが、家慶が亡くなった同じ月にアメリカの東インド艦隊司令長官ペリーが軍艦を率いて浦賀沖に現れます。
時代は、家定の将軍就任とともに幕末という激動の波に突入するのです。

少し長くなりそうなので、今回を中篇として3回構成とさせていただきます。
家定が癇癖将軍芋将軍など有難くないあだ名をつけられた裏側について、次回書かせていただきます。

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ

バナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上がります。
よろしくお願いします。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。