徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
七男でも将軍候補とされた理由
2008/07/05 00:33 [Sat]
category:〔十五代〕慶喜
「水戸斉昭の七男である慶喜が兄たちを飛び越えて将軍候補とされたのは何故ですか?」
という質問をいただきましたので今回は、この辺の事情について触れてみたいと思います。

慶喜の父・斉昭は、子沢山で子供たちに合理的でユニークな名前をつけました。
次男であれば二郎麿、三男であれば三郎麿、十男から十九男には余○麿、二十男から二十二男には二十○麿です。

長男だけは鶴千代麿と名がつけられました。後に水戸藩十代藩主となった慶篤(よしあつ)です。
この幼名は藩祖・頼房の幼名・鶴千代に由来するものです。

七郎麿(慶喜)が将軍候補含みで一橋家の養子となったのは、弘化4(1847)年8月1日でしたが兄である慶篤は既に藩主となっていました。
直接、将軍後嗣で江戸城西ノ丸に入るのであれば、綱吉家宣吉宗がそうであったように藩主である慶篤が養子となるのが普通ですが、一橋家への養子ですから次男以下ということになります。

二郎麿、三郎麿、四郎麿、六郎麿は早世しており、慶篤を除く慶喜の兄は五郎麿だけでした。
五郎麿は、慶喜が一橋家に入る時には水戸家に控えていましたが、嘉永3(1850)年鳥取藩32万5千石の藩主が嗣子がいないまま没したため、幕命によりその養子となっています。

それでは何故、一橋家の養子に入ったのが五郎麿ではなく、七郎麿であったのか。
本人の資質という面を除いても決定的な理由がありました。
それは、長男・慶篤と慶喜のみが斉昭の正室・登美宮吉子(とみのみやよしこ)の子供であったからです。

吉子は、有栖川宮織仁親王の九女で高貴の出身であるにもかかわらず、水戸家の奥向きを仕切るだけではなく表向きにも影響力を持った賢夫人でした。
そして、吉子の姉は、12代将軍・家慶の御台所・楽宮喬子(さざのみやたかこ)だったのです。

14代将軍に慶喜ではなく慶福(家茂)を推す井伊直弼は、宮家出身で御台所の妹でありながら政治向きにも発言力のある吉子の存在を非常に気にしていたといいます。


また、有栖川宮の血を引いていることを誇りにしていたという慶喜でしたが、時が経ち、朝敵となった慶喜を討伐するために江戸に進軍したのは皮肉な事に有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)東征大総督に戴く東征軍だったのです。

慶喜にとっても皮肉な運命でしたが、14代将軍・家茂の御台所・和宮の元婚約者も他ならぬ有栖川宮熾仁親王だったのです。

蛇足ながら、東征軍で有栖川宮熾仁親王の下、参謀を務めたのは西郷隆盛でしたが、明治10(1877)年西南戦争で西郷を討つために差し向けられた鹿児島県逆徒征討軍の総督はまたしても有栖川宮熾仁親王だったのです。



   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
慶喜、恭順の理由3
2008/04/29 22:57 [Tue]
category:〔十五代〕慶喜
薩摩藩邸焼き討ち事件は、慶喜にとって痛恨事でした。

武家政権の擁護者でもあった孝明天皇も今はなく、薩長側が明治天皇を擁している現状では、幕府側から拳を下ろすことは朝敵となる可能性が非常に高かったのです。
慶喜の敵は、朝廷ではなく薩長勢力でなければならなかったのです。
だからこそ、幕軍を京都から撤退させ、軍事力を維持したままで政治力に訴える戦略で巻き返しを図っており、前回述べたように着々と成果を挙げていたのです。

ですが、江戸の幕府は慶喜に対して総じて冷ややかでした。
もともと、水戸斉昭の子ということで大奥から敬遠され、朝廷の幕政改革要求により将軍後見職に就任。朝廷の求めによって朝議参預禁裏御守衛総督の職を務めた慶喜は、将軍となっても幕府の中では浮いた存在となっており、求心力がありませんでした。

薩摩藩邸焼き討ち事件によって、不満が鬱積した大坂城内の将兵たちは、次は自分たちの出番だといきり立ちました。

慶喜自身、後にこの時の事を次のように述べています。

「大坂城内は上下を問わず暴発寸前の様子だった。制することなどできるはずもなく、会津・桑名・旗本の者たちは『この好機会に十分な兵力をもって入京し、天皇の周りを清めなければならない』と主張し、薩摩を討つ事に同意しなければ、どんなことを仕出かすかわからなかった。」

この言葉は、将として責任を部下に押し付けるものとして批判されます。
たとえ、事実であっても言葉に出す事は褒められたものではありません。ただ、恐らくは慶喜としても抗し難い情勢だったのだろうと思います。

慶応4(1868)年1月3日~6日、鳥羽街道・伏見街道で薩長連合軍と幕軍が衝突します。
幕軍は一万五千薩長軍は五千、幕軍は数において圧倒していました。
また、幕軍の装備が旧式であったため火力において圧倒されたという事をよく指摘されますが、実は幕軍の半数を占める幕府歩兵隊の主力銃は薩長軍と同じミニェー銃で、幕軍の精鋭である歩兵伝習隊は、シャスポー銃という最新鋭の銃を装備していました。

では、敗因は何か?

後に慶喜が語っているように幕軍には統一された戦略がなかったことによります。
幕軍は鳥羽・伏見だけではなく、竹田街道・西国街道などにも軍勢を向けるべきでした。
古来より京には七つ口があり、軍事的には攻めるに易く、守るに難い地なのです。
幕軍は数の優位を活かすことが出来ませんでした。
また、幕末の動乱で戦いなれた薩長軍が近代的な戦術・戦略の面で幕軍を凌駕していた事も大きな要因でした。

1月4日午後、薩長軍に錦旗が掲げられた時、薩長軍は官軍と認識され、幕軍は賊軍となったのです。
慶喜は後に語ります。

「悔やまれるのは、朝廷に対して刃向かう意思は露ほどもなかったのに、誤って賊名を負うに至ったことである。最初、例え家臣の刃に斃れるとも、命の限り会津・桑名を諭して帰国していれば、事ここに至らなかったのに、我が命令を用いられない腹立たしさに、如何様にも勝手にせよ、と言い放った事は一生の不覚であった」

将兵を残したまま、大坂城を脱出した慶喜の身勝手な行動のわけ、身勝手な理由であるけれど本音が出ている言葉ではないでしょうか。

水戸家に生まれ、朝廷と深い関わりの中で育った慶喜にとって、賊名を被った時、ただただ、驚愕して恭順謹慎するほかなかったのです。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

慶喜、恭順の理由2
2008/04/26 22:41 [Sat]
category:〔十五代〕慶喜
前回に続いて、大政奉還後の慶喜の行動について、ご紹介します。

慶喜の採った大政奉還に対して、薩長側は慶応3年12月9日岩倉具視西郷隆盛の主導により、薩摩兵が御所九門を固め、親幕派の摂政や朝彦親王らの参内を阻止して15歳の明治天皇を戴き、王政復古の大号令を発するのです。

王政復古の大号令は、慶喜から見れば、薩長勢力による武力クーデターに他なりません。
この時点では、慶喜は恭順どころか、激怒して対決姿勢を鮮明にします。
一方で慶喜自身、兵とともに京都に留まる事は、武力衝突を招く恐れがあるため大坂城に身を引きます。
大坂城に入った慶喜は、兵と軍艦を集めて薩長側に圧力を加えると同時に、諸外国代表とも次々に引見して自らの正当性と同時に諸外国の内政不干渉を訴えます。

このような慶喜の動きに触発されたように薩長勢力に制圧された京都では、肥後藩・筑前藩・阿波藩など在京諸藩から薩長兵の引揚げの要求が出され、諸外国代表からは王政復古の撤回要求が朝廷に出されます。
結果、朝廷では12月22日に従前同様に徳川家による大政委任の継続を承認した告諭が出されることとなります。
この事は、事実上、王政復古を無実化したことを示すものであり、12月9日のクーデター以前の状態に引き戻したということでもありました。

ここまでの慶喜の政治豪腕は、まさに権現様(家康)をみるような巧みさで大いに評価できるものと言えるでしょう。

しかし、薩長側は幕府側を挑発することによって、武力討伐の大義名分を得ようとします。
慶応3年12月、江戸では隊伍を組んだ浪士が押し込み、強盗、放火などの乱暴を働く事件が相次ぎます。
また、江戸城に火を放ち、混乱に乗じて和宮天璋院(篤姫)が薩摩に連れ去られるのではないかという流言が飛び交うようになります。

通説では、これらの騒動は、西郷隆盛の指示のもとに益満休之助伊牟田尚平らが実行したものとされていますが、これらの騒ぎに便乗した無頼の浪士たちも同様の事件を起こしたことから益々、江戸の治安が乱れ、ますます幕府の威信が下がる事態となったのです。

このような事態に佐幕派急先鋒の庄内藩松山藩は業を煮やし、幕府の弱腰を非難。
ついに2藩を主力とする幕軍が薩摩藩邸を包囲、犯人の引渡しを求める事態となります。これを拒否した薩摩との間で戦闘となり、薩摩藩邸と薩摩藩支藩の佐土原藩邸が焼失します。

この事件は、大坂に集結する幕軍を刺激して、大いに戦意が盛り上がり、ここに慶喜は京都の軍事的封鎖を目的として、鳥羽・伏見両面の進軍を承認するに至るのです。

このあと、慶喜は鳥羽伏見の戦いに敗れ、一転、恭順姿勢を採るのですが、その理由は次回に!


  ランキングに参加しています。
  是非、ポチッと応援してください。よろしくお願いします。


  にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ   

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

慶喜、恭順の理由1
2008/04/20 23:13 [Sun]
category:〔十五代〕慶喜
最後の将軍・慶喜の評価は、非常に難しいものがあります。

慶喜は、徳川斉昭(水戸徳川家)の七男として生まれ、幼い頃から、斉昭はじめ十二代将軍・家慶からも資質を高く評価されて帝王学を授けられます。
七男ではありましたが、斉昭と正室の登美宮吉子の子は、長男・慶篤(水戸家10代藩主)と慶喜だけであったため、斉昭は、慶喜を慶篤の控えとして考えていましたが、時代は慶喜を放っておいてくれませんでした。

徳川御三卿の一つ一橋家を継ぎ、一時、安政の大獄に連座したため、隠居謹慎蟄居の処分を受けますが、処分が解かれ、将軍後見職朝議参預禁裏御守衛総督などの重職を歴任。
慶応2(1866)年12月5日、将軍宣下を受け、徳川15代将軍となります。

慶喜は、毀誉褒貶(ほめられたり、けなされたり)の人と言われ、周りに本心を見せず果敢な行動力で未曾有の内圧、外圧に立ち向かっていきます。
桂小五郎「一橋慶喜の胆略はあなどれない。家康の再来をみるようだ」と評し、政敵である薩長から非常に恐れられます。

一方で、水戸藩士を母体とする天狗党に対する冷徹な態度や鳥羽・伏見の戦いで配下の多くの将兵を残したまま会津藩主・松平容保ら数人とともに大坂城を脱出したこと、静岡で恭順隠棲していた時代に旧幕臣に対して冷淡な態度であったということなどから厳しい評価もされています。

慶喜のとった行動の中には、非常に理解し難い部分があります。
それでこそ、家康の再来といわれるわけですが・・・
同時代人の坂本竜馬の言葉で「人は皆我をなんとも言わば言え 我成す事は我のみぞ知る」という有名な言葉がありますが孤高の将軍・慶喜にも実にピッタリと当てはまる言葉だと思います。

その理解し難い行動の最たるものとして、大坂城の脱出とそれに続く、恭順姿勢があります。
なぜ、このような行動を取ったのでしょうか。

そもそも慶喜が行った大決断、慶応3(1867)年10月14日に行われた大政奉還は、政権を投げ出したのではなく、幕府という古い体制を捨て、慶喜が構想した新しい政治体制への布石のためでありました。

当時の朝廷は、幕府に理解を示していた孝明天皇が崩御して、薩長勢力が盛り返していた時期ではありましたが、まだ、幕府側に立つ摂政・二条斉敬賀陽宮朝彦親王が中心となっていたのです。
大政奉還は慶喜が打った起死回生の政治判断と言えるでしょう。

この後、薩摩藩邸焼き討ち事件から鳥羽伏見の戦い、そして、慶喜の戦線離脱へと続きます。

  ランキングに参加しています。
  是非、ポチッと応援してください。よろしくお願いします。


  にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ   

慶喜の逸話1
2008/03/14 19:35 [Fri]
category:〔十五代〕慶喜
後に神君家康公の再来と言われた慶喜がまだ、七郎麿と呼ばれていた子供の頃、祖母にあたる瑛想院が七郎麿をきびしく叱りつけたところ、恐れ入るどころか「なんだ、この坊主め」と言い、瑛想院の頭を思いっきり打ったという。
瑛想院は七郎麿の剛毅な態度を逆に気に入り、特に七郎麿を愛したという。


テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。