徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
家光の逸話3
2007/11/06 00:01 [Tue]
category:〔三代〕家光
 家光は秀忠の逝去に伴い、諸大名を前に次のように言ったという。

 「東照宮が天下を平定なさるに際しては、諸侯の力を借りた。秀忠公も元はおのおの方の同僚であった。しかるに、わたしは生まれながらの将軍であるから前二代とは格式が違う。
 従って、おのおのがたの扱いは以後、家臣同様である。」

スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家光の逸話2
2007/11/05 23:58 [Mon]
category:〔三代〕家光
 鷹狩の帰りのこと、家光の行列の先に一人の男が酔いつぶれて寝ていた。

 家光が家来に命じ、訳を聞かせると
 「今日は恵比寿講だったため、酒を飲んでいたが、あの者が酔いつぶれてしまった。担ぎこもうとしたが、将軍さまのお通りに間に合わなかった。」ということであった。

 これを聞いた家光は
 「それは気持ち良い事だ。もっと、酒を飲ませてやると良い。肴でもとらそう。」
と言って狩りで仕留めた鳥を下賜させたという。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

家光の逸話1
2007/11/05 23:52 [Mon]
category:〔三代〕家光
 日光東照宮の造営にあたり、家光は造営の惣奉行である秋元但馬守泰朝
 「費用はいかほどか。」と予算額を聞いたところ、泰朝は「百万両ほどです。」と答えた。

 竣工の時も泰朝に「いかほどかかったか。」と聞いた。
 泰朝は予算を多めに言ったのに実際に百万両かかってしまったため、恐る恐る「急ぎの造営だったので百万両程かかりましたでしょうか。」と答えたところ、

 家光は「思いのほか要らなかったな。」と答えたと言う。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。