徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
大奥に入らなかった御台所
2008/03/31 00:28 [Mon]
category:大奥の話
御台所(将軍の正室)は、本丸大奥に住むのが徳川将軍家の慣わしとなっていましたが、15代将軍・慶喜の御台所・一条美賀子は、大奥に入りませんでした。

慶喜は、はじめ一条忠香の娘・千代と婚約しますが、千代が疱瘡をわずらったために婚約解消し、今出川公久の娘の延(美賀子)を一条忠香の養女として、再度、婚約します。

一条忠香は後に左大臣国事御用掛の要職を歴任し、忠香の下の娘は明治天皇の皇后となっています。
意外と知られていませんが、系図上は妻同士が姉妹であることから明治天皇と慶喜は義理の兄弟となるのです。

安政2(1855)年12月、美賀子は一橋慶喜と結婚します。慶喜19歳、美賀子21歳の時です。
しかし、2人の仲はあまり良いものとは言えませんでした。
一橋家には、慶喜と7歳違いの養祖母・徳信院直子がおり、慶喜と直子の仲に嫉妬した美賀子が半狂乱となり、自殺未遂までしたといいます。

御台所となっても美賀子が大奥に入らなかった理由は良くわかりませんが、本人の意思ではなく、幕命によるものと言われています。
おそらくは、14代家茂の御台所・静寛院宮(和宮)に対する遠慮と慶喜自身が二条城で将軍宣下を受け、大坂城で政務を執ったため、将軍在任中に江戸城に入ることがなかったためと思われます。

御台所が大奥に入らないという一事をとっても、この頃の幕府の混乱ぶりがわかります。

ちなみに、3代将軍・家光の御台所・鷹司孝子も途中から江戸城吹上に新築した中之丸御殿に移され、大奥と無縁の生活を長く送っています。 


スポンサーサイト
慶喜の逸話1
2008/03/14 19:35 [Fri]
category:〔十五代〕慶喜
後に神君家康公の再来と言われた慶喜がまだ、七郎麿と呼ばれていた子供の頃、祖母にあたる瑛想院が七郎麿をきびしく叱りつけたところ、恐れ入るどころか「なんだ、この坊主め」と言い、瑛想院の頭を思いっきり打ったという。
瑛想院は七郎麿の剛毅な態度を逆に気に入り、特に七郎麿を愛したという。


テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

大奥 「開かずの間」の話
2008/03/09 14:05 [Sun]
category:大奥の話
大奥には、幕末まで「開かずの間」として、大奥女中から恐れられていた部屋がありました。
この部屋は使用されないにも関わらず、火災などによる度重なる再建の際にも必ず再建されたといいます。
部屋の名前は「宇治の間」

大奥のほぼ中央部に位置し、上段の間が25畳で次の間が16畳の広さ、大奥の中でも相当な広さがある部屋でした。初期の頃は将軍家嫡子の部屋だったとも、御台所の部屋だったとも言われています。

大奥女中の回想録によると、柳沢騒動の時に五代将軍・綱吉御台所・鷹司信子に刺殺されたのがこの部屋で、それ以来、この部屋の前に見慣れない御年寄が現れると、当代の将軍家に必ず凶事が起きたとの事です。また、この御年寄は綱吉刺殺に関わった御台所付きだったと言われています。
この女中も、この前を通る時には非常に怖い思いをしたと話しています。

大奥で語り継がれてきた具体的な話として、十二代将軍・家慶が、この廊下に黒の紋付を着てお辞儀している見慣れない老女が目に留まったので「あの者は誰か」と尋ねた事があって、その事があった年、家慶は亡くなったということです。

柳沢騒動とは、当時の読み物「三王外記」に書かれたもので、綱吉の寵臣・柳沢吉保の側室・染子と綱吉は男女の関係にあって、染子の子・吉里を自分の子であると信じた綱吉が将軍位を譲ろうとしたことを言います。
それを阻止しようとした御台所・信子は思い余って綱吉を刺殺したという話は、当時から庶民の間で噂されていたのです。

この噂の根拠となっているのは、綱吉と信子が宝永6(1709)年に1月足らずの間に相次いで病死していること、綱吉が染子のいる柳沢邸に異例とも言える58回の御成りがあったこと、吉里が綱吉や綱吉の母・柱昌院に非常に可愛がられていたことなどがあります。

史実というのは、すべての可能性を排除できないものですが、信憑性のある史料からは綱吉が染子と男女の関係であった事や綱吉が吉里を実子と認めたという事実も確認できず、一種の綱吉を批判する逸話の一つと考えられています。

「開かずの間」と言われた「宇治の間」は、襖に宇治の茶摘の絵が描かれていることから部屋の名前が付けられているのですが、その他内部造作も詳細に伝わっており、この部屋に普段使わない調度類が収納されていたということで文字どおり、開かずの間ではなかったのです。


テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。