徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
将軍になりたくない理由
2008/06/29 20:35 [Sun]
category:その他将軍家の話
NHK大河「篤姫」では、一橋派の旗色が悪くなってきたようです。

前回もご紹介しましたが本寿院は大の水戸嫌いではありましたが、篤姫と表立って対立した事実はないようです。
本寿院は、家定の実母で将軍家の身内の待遇ではありましたが、前将軍・家慶の側室ですから正室たる篤姫とは身分が異なり、後の天璋院(篤姫)と家茂の御台所・和宮との対立とは、事情が違うところだと思います。

篤姫は、義父・島津斉彬から託された「一橋慶喜を次期将軍にする」という使命を果たそうとしますが、反一橋派で固められた大奥の中にあって万策尽きたのか、本寿院、滝山歌橋らに理があると感じてしまったのか成果を挙げることができませんでした。

ところで、この時点で慶喜自身が将軍職を望んでいたのか否かについては、いろんな見方があるようです。

大河ドラマでは、阿部正弘島津斉彬の前でも、篤姫との対面でも「将軍候補に推されるなど迷惑」だといわんばかりの態度で周囲を落胆させていますが実際はどうだったのでしょうか。

慶喜は父・水戸斉昭宛てた書状で
「最近、私が将軍家の養子になる話があるが、もし父上が城中でこれを聞かれた場合には、絶対そのような事はあり得ないと申してほしい」と書いています。

また、後に日本資本主義の父と謳われた慶喜の家臣・渋沢栄一「徳川慶喜公伝」では、慶喜自身の言葉でこの時の心境を語っていますので、私の現代語訳でご紹介したいと思います。


「余を将軍家の御養君としようと動いている者がいる事は、各方面から聞き及んでいた。
松平慶永川路聖謨岩瀬忠震島津斉彬などからも将軍となる身であるから学問が必要であること、身体を大切にすべきことなど注意を受けたこともあった。

平岡円四郎(一橋家家老)からも熱心に御養君となるよう勧められたけれども、西丸へ入っても何の見込みも立たないため、固辞した。
(中略)

余がこのように御養君となることを嫌った理由は、当時の幕府は既に衰亡の兆をみせていただけではなく、大奥の状態を見ると老女というのは実に恐るべきもので、実際、老中以上の権力があった。 このような状態では改革などできず、引き受けたとしても、徹底した立直しを図る見込みなどないからである。

よって予は、真実、御養君の事はお受けしないと決心したのである。(以下略)」


慶喜は、なかなか本心を見せない人だったために、本人が否定しても逆に取られてしまいがちですが大奥の権力にまで言及しているあたり、言い訳には思えないのですがどう思われるでしょうか?


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代
スポンサーサイト
家定の生母・本寿院の生涯
2008/06/22 19:15 [Sun]
category:大奥の話
NHK大河「篤姫」では、将軍・家定の生母・本寿院が将軍家後継を巡って、篤姫に対決姿勢を露わにしていきそうです。

前回ご紹介したとおり、本寿院は大の水戸嫌い水戸斉昭の子である一橋慶喜が将軍後嗣となることに大変な拒否反応を示していました。
ただ、ドラマではともかく、本寿院と篤姫が深刻に対立したという記録はないようです。

本寿院の落飾前の名前は、お美津の方(竪子)中級旗本・跡部氏の娘でした。
姉が家慶の弟付き女中であった縁で西ノ丸大奥御次として奉公に上がったとされています。
また、一説には、後に家定の乳母となる歌橋がお美津を大奥に奉公させたとも言われています。

御次という役職は仏間や膳部等の道具を整えたり、掃除などをする役目でさほど高い身分ではありませんがお目見え以上でもあり、行事で芸事を披露することが多かったとされていますから、そのような機会に当時まだ将軍世子であった家慶の目に止まったのかもしれません。

家慶は、正室の他に生涯15人程度の側室を持ち、27人の子供を持ちましたが、成人まで成長したのは家定だけでした。お美津の方も家定のあとに2人の男子を出産しましたが幼いうちに亡くなっています。

お美津の方は、家慶のお手が付いて慣例どおり御中に昇進します。
更に家慶が12代将軍になると老女上座という地位を与えられます。
このことはお上並み即ち将軍家の身内としての待遇を与えられたということで、お美津は大奥内で不動の地位を築くことになります。

ただし、家定の養育は専ら乳母の歌橋に委ねられため、人見知りの家定は専ら歌橋に懐いていたといわれています。
また、中級旗本出身から高い身分となったお美津にとって、トイレにお供を連れて入るという習慣は、受け入れ難かったらしく頑なに拒んだという微笑ましいエピソードが伝えられています。

嘉永6(1853)年、家慶が逝去するとお美津は、落飾して本寿院と名を改めます。
更に家定が逝去してからも大奥に留まりますが、14代将軍家茂が和宮を江戸城に迎えるに当たって、大奥を去り、二ノ丸へ移りました。

江戸城開城の際、本寿院は名を聞くのも嫌った一橋邸に天璋院(篤姫)とともに身を寄せました。

明治に入ってからの消息は、伝わるところが少なく一橋邸で亡くなったとも、居を転々としたとも言われ、亡くなったのは明治17(1884)年とも明治18(1885)年とも伝えられています。

   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代
大奥の水戸嫌い
2008/06/15 15:34 [Sun]
category:大奥の話
NHK大河「篤姫」について、indoor-mamaさん(今日は何の日?徒然日記)から

「一橋派と南紀派の争いで大奥が慶福(家茂)を推す理由として水戸嫌いが強調されているが、水戸と大奥の間に何かモメる原因があったのでしょうか」
という趣旨のコメントをいただきました。

実は、この点は重要な視点であるにも関わらず、あまり取り上げられることがないような気がします。

一般には、慶喜の父である水戸斉昭の女グセの悪さと大奥にまで口を出すアクの強さが特に家定将軍生母の本寿院に毛嫌いされたと言われています。


    歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代


女グセの悪さという点で江戸学の権威である三田村鴛魚は次のような事件を紹介しています。

斉昭の兄である斉脩(なりのぶ)の正室・峯姫(11代将軍・家斉の娘)に大奥から従った絶世の美女、唐橋に斉昭が手を出し、懐妊させてしまいました。

唐橋は、上臈年寄いう大奥最上位の位であったから将軍の命令でも、寵愛を受けることがないのが通例であったのに手を出してしまった。


    大奥の職制については ⇒⇒⇒ こちら


しかも、12代将軍・家慶が将軍世子であった頃、この唐橋に求愛したが振られていたというオマケまで付いていました。

この斉昭の手クセの悪さに対し、表向きは水戸藩の天保の改革が行き過ぎたという口実のもとに隠居・蟄居に処せられたといいます。

以上、いかにも裏史的で斉昭らしいエピソードではありますが、そのような事実があったとしても、その事がどれほどの影響を与えたのかは疑問があると思っています。


斉昭は、攘夷を声高に唱え、気随驕慢な人物像ばかりが一人歩きしている感があります。
しかし、斉昭は藩主に就くと同時に身分に囚われない人材登用、自ら質素倹約の範を示し、租税の合理化、藩校弘道館や郷校の建設、農村救済など藩政改革に成功を納めています。
この水戸藩の天保の改革は、幕府の天保の改革や他藩の藩政改革の先駆けとなったものでした。
また、斉昭は開国改革政策を推進する阿部老中の協力者でもありました。

少し、テーマからずれてしまいましたが、本寿院をはじめとする大奥にとっては、御三家の当主という家格と実績を後ろ盾として歯に絹を着せず、幕政に口を出すだけではなく大奥に質素倹約まで迫る斉昭が嫌悪されたのは当然だったのでしょう。

また、少し遡りますが12代将軍・家慶は、慶喜を気に入って将軍世子の扱いをしようとして老中に止められたこともあるほどでしたが、このことが家定生母である本寿院の水戸嫌いの元凶だったのかもしれません。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

一橋慶喜と紀伊慶福の将軍家後継争い
2008/06/08 10:28 [Sun]
category:その他将軍家の話
NHK大河「篤姫」では、いよいよ一橋家当主・慶喜(平岳大)と紀州藩主・慶福(松田翔太)との将軍家後継争いが始まるようです。

一橋慶喜(ひとつばし よしのぶ)は、後の十五代将軍・徳川慶喜で、徳川慶福(とくがわ よしとみ)は十四代将軍・徳川家茂(とくがわ いえもち)です。

一橋慶喜を推していたのは、老中・阿部正弘、実父・徳川斉昭、、越前藩主・松平慶永、尾張藩主・徳川慶勝、薩摩藩主・島津斉彬、宇和島藩主・伊達宗城、土佐藩主・山内豊信などそうそうたる顔ぶれで一般に一橋派と言われます。

一橋派は、譜代大名が牛耳ってきた幕政の改革なくしては、日本が立ち行かなくなるという危機感を抱いている人たちでした。

従来は、外様大名が幕政改革を目指すことなどはありえませんでしたが、このような流れは、12代将軍・家慶の時代の水野忠邦による天保の改革が失敗したことによる幕政に対する不満が大きく影響していました。
このことが、前回ご紹介した阿部老中が幕閣以外から広く意見を求めるという前代未聞の政治にも繋がっていきました。


一方、慶福を推したのは、井伊直弼を筆頭とする溜間詰めの大名や老中・松平忠固、紀州徳川家付家老・水野忠央、御側御用取次・平岡道弘などが中心で一般に南紀派と言われます。

この中では、水野忠央の働きは目覚しく、大奥に入念な工作を行い、将軍生母・本寿院や年寄・滝山など完全に慶福派に仕上げます。
大奥の意向が将軍・家定に与えた影響は大きかったと言われています。

これらの人々は、幕府の秩序を乱す一橋派の動きに反感を持つ人たちでした。
幕政は、将軍を戴いた老中以下が行うものであり、次期将軍は現将軍との血筋を考えれば慶福以外にありえないと考えていたのです(慶福は、家定の従兄弟)。


このように一橋派は改革派、南紀派は保守派であり、将軍家後継争いというより本質は、政争でした。当事者の慶喜と慶福の思想信条には関係なく、また、2人が将軍職を望んで対立したものではなかったのです。
また、両派が、互いに朝廷の信認を求めたところから、ますます混乱を深めていったのです。

   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

老中・阿部正弘
2008/06/01 20:33 [Sun]
category:その他
NHK大河「篤姫」では、露出度のわりには、いま一つ存在感が見えてこない老中阿部正弘(草刈正雄)ですが、今日の放送では39歳という若さで死んでしまいます。

老中(ろうじゅう)とは ⇒⇒⇒ 幕府の面白役職

幕末史の舞台には実に多くの人物が登場します。
その中でも、彼こそが幕末という時代の幕を切って落とした人物であるという点で非常に重要な人物なのです。

阿部正弘の時代は、内外に非常に困難な問題を抱えていました。
内政・・・天保時代の大飢饉により、幕府も諸藩も一気に財政破綻レベルにまで落ち込み、農民の年貢に頼る制度に限界をきたしていました。

外政・・・欧米列強による植民地政策の波が日本にも押し寄せ、幕府の祖法である鎖国政策の転換が求められていました。

阿部正弘は、弱冠25歳という若さで老中に就任し、12代・家慶13代・家定に仕え、未曾有の困難な時局の舵取りを担うこととなったのです。
阿部は、良い意味でも、後に禍根を残した点でも異色の人物でした。

阿部は、自身が徳川譜代名門の出でありながら、出身・身分に囚われず、有能な人物を抜擢しました。主な人物としては、川路聖謨水野忠徳筒井政憲堀利煕永井尚志大久保忠寛岩瀬忠震竹内保徳井上清直江川太郎左衛門高島秋帆勝海舟戸田氏栄松平近直ジョン万次郎など。

また、諸外国の開国要求に対しては、朝廷に奏聞するという前代未聞の方策を採ります。
朝廷の政治への口出しに対しては、幕府が強く規制を加えていましたから、驚くべきことでした。

そして、すべての大名、旗本、陪臣に至るまで広く意見を求めるという事も行いました。
幕政は、譜代の大名、旗本が行うものであり、外様大名や陪臣などに意見を求めるというのは考えられないことでした。

阿部は、調整能力、バランス能力に優れ、当初は攘夷派であった松平慶永島津斉彬を開国派に取り入れて、攘夷派のシンボルでもある水戸斉昭までも自分の陣営に引き入れるという離れ業を実現させます。
更には、幕政や人事に影響力を持つ大奥までをも理解者としました。

こうした方策は、国内の諸勢力をまとめ、開国政策を推進させるもので、阿部個人のパーソナリティが可能としたものでした。
阿部自身が健康を害し、死んでしまった後は、微妙に保たれていたバランスが一気に崩れ、朝廷や外様大名、下級武士に至るまで幕政に異論を唱える下地を与えてしまったのです。

阿部は瓢箪鯰(ひょうたんなまず・・・のらりくらりで捕らえどころがない)と評され、強い指導力のもとに明確な政策を示すことをしませんでした。そして上で述べたように幕末の動乱のきっかけを作ってしまったために厳しい評価をする人も多いようです。

この場合、一つ見逃してはいけないのは、阿部が天保の改革を半ばに失脚した水野忠邦の後任であり、老中に強い信認を与える将軍の後ろ盾が期待できなかったということです。 老中の権力の源泉は、何といっても将軍の強い信認なのです。
その点、12代家慶は、波風を立てることを嫌い、水野忠邦を最後まで支えることはしませんでした。 そのような状況下で阿部正弘は、微妙なパワーバランスの上で政策を勧めることしかできなかったのではないでしょうか。

   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。