徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
井伊直弼という人・その2
2008/08/31 11:31 [Sun]
category:その他
前回に引き続き、井伊直弼についてです。

直弼が大老として、表舞台に登場してから、桜田門外の変で斃れるまでわずか2年弱。
直弼はなぜ、開国に踏み切ったのでしょうか?
直弼の残したものとは何だったのでしょうか?

NHK大河「篤姫」では、天璋院に、
「井伊大老は、やり方はともかく、信念があった。」
と語らせています。
天璋院が実際にそのような評価をしていたかは不明ですが、それはどういうことだったのでしょうか?


【開国と攘夷の狭間】

前回も紹介しましたが、幕府は諸外国からの開国要求に悩まされていました。
幕府の祖法であるから鎖国政策を変更できないというよりは、武力を背景とした開国要求に征夷大将軍を戴く幕府の体面上、承認しにくいというのが本音だったような気がします。

そして、何より攘夷といっても日本に諸外国を打ち払う実力がないのは、妄信的な外国嫌いでもない限り誰の目にも明らかでした。
ただ、漠然とした諸外国への怖れや政治的思惑などから一部で攘夷を唱えるに過ぎなかったのです。

直弼は結果的に日本に開国をもたらしますが、心情的には攘夷派に近く、現実的な選択として開国に踏み切ったのでした。

実は幕府の条約締結の評定では、大勢は条約締結もやむなしでしたが、直弼と若年寄・本多越中守だけが締結反対でした。

ハリスとの交渉役となっていた井上清直岩瀬忠震(ただなり)に対して、直弼は
「無勅許(天皇の許しのないまま)での条約締結はまかりならぬ」
と言い渡しはしましたが、井上の
「是非に及ばざるときは調印をお許し下されましょうや」
という問いに対して、
「その場合はやむをえぬ」と答え、消極的承認を与えたのでした。

直弼の真意は複雑で開国した後に実力を備えて鎖国に復帰することを志向していました。
ただ、直弼は妄信的な西洋嫌いであったわけではなく、直弼の遺品の中からは大量の洋書や世界地図などがあったことからも伺えます。

ともかく、このことにより、無勅許のまま神奈川、長崎、函館、新潟、兵庫の5港が開港され、続けてイギリス・フランス・オランダ・ロシアとも同じような条約(安政の五カ国条約)を締結しました。

誰もが決断も責任もとれず、右往左往していた条約締結問題は、無勅許締結という火種を残したままではありましたが大老・井伊直弼という求心力により一応の決着をみたのでした。


【直弼の信念】

条約締結を知った一橋慶喜がいち早く、直弼に対して無勅許の非を責めました。
次いで松平慶永水戸斉昭水戸慶篤尾張慶恕(よしくみ)らも不時登城という強引な手段により直弼に詰め寄りました。

御三家、御三卿、御家門がこのように揃って、幕閣に対して非を唱えるのは前代未聞のことでした。
また、開国に強い拒否反応を示す孝明天皇は、非常に逆鱗し、譲位の意思を示しました。

仮に、このような情勢で前将軍の家定が健在であれば、あるいは直弼は引責罷免されたかもしれません。
しかし、将軍・家茂はいまだ若く、実力派老中であった堀田正睦松平忠固は、無勅許による条約締結に積極的であったとの理由から、直弼によって登城停止、次いで罷免されていました。(もちろん、家茂の名において)

直弼は井伊家を継ぎ、大老という重職を担った時から、衰えた幕府の権威を取り戻すことに全力を注ぎました。
それが井伊家に課せられた責任であり、大老の責務であるという信念を強く持っていたのです。
直弼自身は勤皇の志もありましたが、政(まつりごと)は幕府の専権事項である事を信じて疑わなかったのです。


【直弼の限界】

直弼は、このように自らの信念に従って幕政をリードします。
反面で信念の裏返しか、性格的なものか、自分の意にそぐわない者を徹底的に排除するという事を行います。
上に立つ者は、使いずらくとも下の者の才能を生かし、組織のパフォーマンスを発揮することが器量であるのですが、直弼にはその点が大きく欠けていたのでした。

排除された者は、攘夷派、一橋派などが中心でしたが、中には理由が不明な者もいます。
そして、その中には、残念なことに開明的で気概識見のある才能豊かな幕僚が多く含まれていたのです。

川路聖謨は西の丸留守居役に左遷後、隠居・慎み。
岩瀬忠震は作事奉行に左遷後、永蟄居。
水野忠徳は箱館奉行に左遷。
永井尚志は軍艦奉行に転出後、永蟄居。
井上清直は小普請奉行に左遷。
大久保忠寛は罷免。

このように、歴史的に見た場合に、直弼の政治手腕は大きく評価される一方で、結果的には幕府内の人材をなくしたと同時に、混乱を招き、幕府の衰亡を早めたともいえるのです。

   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
井伊直弼という人・その1
2008/08/11 21:42 [Mon]
category:その他
NHK大河「篤姫」では、天璋院となった篤姫の対立者として井伊直弼が描かれていました。

多くの場合、直弼は豪腕不遜なイメージで描かれることが多く、後世の歴史的評価も辛いものが目立つように思います。

今回の場合も家定の遺言を無視して天璋院の政(まつりごと)への関与を阻み、幼少である家茂将軍を慇懃無礼に奉り上げて、強引に政治を進める人物像となっています。


井伊直弼とは、どのような人物だったのでしょうか?
様々な面から井伊直弼を紹介していきたいと思います。

ひこにゃん
   ↑
  ひこにゃん

【譜代筆頭の井伊家】

井伊家は、家康時代に徳川家に仕えた新参譜代でありながら、藩祖・井伊直政の抜群の働きにより譜代筆頭の家柄とされ、戦場においては名誉ある先鋒を務め、平時においては溜間詰め筆頭として将軍家の諮問に預かる立場でした。

そして江戸幕府の12人(異説あり)の大老のうち、6人を井伊家から輩出しています。

また、彦根を拠点とする井伊家は、京都・大坂の抑えとしての任務を帯びており、江戸時代を通じて井伊家は国替えが行われていない特殊な家柄といえます。

こういったことから、井伊家は幕府から重視させると同時に非常に重い責任を負っていたということが出来ます。

大老とは ⇒⇒⇒ こちら


【直弼の出自】

直弼は文化12(1815)年10月29日、井伊家13代藩主・直中(なおなか)の14男として生まれました。
直中のあと、直弼の兄である直亮(なおあき)が藩主の座に就き、、直弼は17歳から32歳までの15年間を300俵の捨扶持の部屋住みとして他家からの養子口を待つ日々を過ごしました。

この間、直弼の兄や弟は次々と養子口が決まりましたが直弼の縁組がまとまることはありませんでした。

弘化3(1846)年、直亮の嫡男・直元(なおもと)が病死し、部屋住みから一転、次期藩主の座が約束されます。
そして、嘉永3(1850)年、直亮が亡くなり、直弼は15代藩主となりました。


【文武両道を治めた直弼】

部屋住み時代、「睡眠時間は4時間で足りる」と宣言して、学問に没頭すると同時に和歌、茶道、能、禅、槍術、居合術など熱心に修行を積みます。
和歌では、自作の和歌集「柳廼四附(やなぎのしずく)」を編纂、居合では新心新流を開き、茶道でも一派を興します。
NHK大河「篤姫」では、直弼の茶が篤姫の心を捉えて、お互いを認め合うというシーンがありました。


【大老・井伊直弼】

安政5(1858)年、直弼は44歳で大老職に就任します。
このことにより、一橋慶喜を次期将軍に推す雄藩連合の改革派である一橋派に政治的敗北をもたらします。

この時期は、アメリカのタウンゼント・ハリスが通商を求めてきており、その対応に日本中が揺れ動き、幕府は対応に苦慮していました。

大老というのは老中の上に立つ立場ではありましたが、多くの場合は名誉職に近いもので、直弼の場合も就任当初、井伊に何ができるかという批判的ムードがありました。

直弼は、性格なのか部屋住みから一躍藩主になったためか、平時は口数が少なく、議論百出の時勢に軽々と持論を述べることがなく、大老に就任するまではあまり注目されることのない人物でした。

また、直弼の兄であり養父であった直亮も大老に就任にしていましたが何ら政治的手腕を発揮せず、井伊家中は茶・歌・鼓に熱心で危機感のないチャカポン(茶歌鼓)侍と揶揄されていたのでした。 ですから、直弼の強権的政治に誰もが驚きを覚えたのでした。

例えば、評定の場合、担当の老中が上座につき、大老は次席に着くのが慣例でしたが直弼は常に上座に座り、評定をコントロールしたといいます。


長くなりましたので、続きは次回にします。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代


絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。