徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
大奥が与えた影響
2008/11/17 23:24 [Mon]
category:大奥の話
久しぶりの記事投稿です。

大奥が幕政に大きな影響を与えたことは、よく指摘されますが具体的にどのような形で表の政治に関与したのか実は良くわかっていません。

本来、大奥というのは、御台所(将軍の正室)や側室や生母、彼女らに仕える女中の生活の場であり、政治を行う場ではありません。
しかしながら大奥は将軍に近侍して仕えるために、大奥の意向を将軍に直接伝えることができること、何より将軍の妻であり母である人の意向を将軍自身も幕閣も無視しにくいということは容易に想像できます。

江戸時代の武家社会では、参勤交代のように制度化されたものでも参勤(江戸に出府)、交代(国に帰る)の時期をなじみの幕僚に伺いを立てたり、猟官運動(役職に就くこと)にも様々な伝手で口利きを依頼したりと人的繋がりが不可欠なシステムとなっていました。
その中で、親戚筋などを頼り、大奥女中にも様々な形で願いなどが持ち込まれていたようです。

大奥が幕政に関わった事実として、一例をご紹介します。
11代将軍・家斉の就任当初、幕政の主導権を巡って、田沼意次派と家斉の実父・一橋治済が激しく対立していました。
田沼意次自身は、10代将軍・家治の薨去とともに老中を解任されましたが、幕閣には、いわゆる田沼派が多く残っており、この勢力に対立する形で治済が徳川御三家を味方に付けて松平定信を老中に擁立しようとしていました。

田沼派は、大奥と良好な関係を持っており、その意を受けた大奥年寄・高岳滝川は、将軍・家斉に対して
「惇信院様(9代将軍・家重)の御世、将軍家の縁者を政(まつりごと)に参与させてはならないという上意がございました」
と意見を述べたと言います。

大奥年寄が幕政の中心である老中人事に関して意見をすること、将軍が発言を許すこと、これは大奥が政に大きく関わっていた証拠ではないでしょうか。


先日のNHK大河ドラマ「篤姫」では、天璋院が将軍たる慶喜を下座に控えさせて、意見をする場面がありました。
さすがに、それほど天璋院が主導的役割を果たしたとは思えませんが、慶喜が天璋院や和宮の力に頼ったことは明らかであり、二人が徳川の家名の存続に果たした力は無視できないものがあります。

政治組織ではない大奥でしたが、記録に残りずらい事柄も含めて、様々な形で幕政に影響を与えていたのです。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト

絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。