徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
家定物語~篤姫が嫁いだ将軍(前編)
2008/01/08 23:12 [Tue]
category:〔十三代〕家定
篤姫が嫁いだ将軍・家定とは、どういった人物だったのでしょうか?
家定は、歴代将軍の中でも知られる事の少ない人物ですので、紹介してみたいと思います。

家定は、十二代将軍・家慶の第四子として、文政7(1824)年4月8日に生まれました。
幼名・政之助
5歳で元服し、名を家祥(いえさき)と改めます。

祖父の十一代将軍・家斉には記録に残るだけで53人の子がいましたが、家慶にも29人の子がいました。
そのうち、10歳以上成長したのは、家定と一橋家を継いだ慶昌だけで、慶昌も13歳で亡くなります。当時の乳児死亡率は、非常に高かったのですが、成人したのが29分の1というのは異常と言えます。

このように乳児死亡率の高かった理由は、女性が使う白粉が原因であったといわれます。
当時の白粉は、植物性と鉱物性があり、鉱物性の原料は水銀や鉛で江戸時代には鉛が主流でした。
特に上流階級に多かったのですが、女性は白粉を顔だけではなく胸から背中まで塗るため、塗っている本人だけではなく、母乳を与える乳児に深刻な鉛中毒を発症させました。
鉛中毒は、脳に深刻なダメージを与えることが知られており、家定にもその影響があったのではないかといわれています。

子供頃の家定は、非常に体が弱く、人前に出るのが苦手でしたが、兎にも角にも9歳で読書・手習をはじめ、13歳で具足召し始めの儀式、14歳で四書講読を終了しています。

祖父・家斉は将軍在位50年に及んだため、父の家慶が将軍職に就任したのは天保8(1837)年で家慶45歳、家定14歳の時でした。
家定は、天保12(1841)年に正式に将軍継嗣として西丸に移ります。

この頃の家定について、大奥女中の話が残っています。
「家定様には、御癇癖がありましたが、あまり困るような事はありませんでした。
ただ、首を振る癖があり、御能を舞われた時に癖が出なければよいがと家慶様が言ってあらせられましたが御癖も出ず、大変、満足そうでございました。
家慶様が御病気された時には、西丸から日々お出ましになり、ご看護され、ご自身でお粥を作られたのでございます。
また、家定様は医道にも大変詳しかったのでございます。」

家定には、廃人同様であったとか、子供のようであった、あるいは正常な判断ができなかったなどの評価がありますが・・・、皆さんは、どうお感じになったでしょうか?

この後、家定は将軍職を継ぎますが後半は次回に!


にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ

バナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上がります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
【 こんにちは。(^^)/ 】
「鉛中毒」で検索していたらこちらにたどり着きました。

お役立ち情報の提供、本当にありがとうざいます。(^-^)

また寄らせていただきますね。( ^-^)/
2008/12/03 14:40
URL | Super源さん #Sk/64/po [ 編集 ]

【 承認待ちコメント 】
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/11 17:35
| # [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/34-d9c83683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。