徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
老中の罷免
2007/11/01 18:43 [Thu]
category:その他将軍家の話
「老中はどうやってクビになるのでしょうか?」
という質問をいただいたことがあります。

今、改めて考えても難しい問題です。
以下、答えになっていないことを承知で書かせていただいています。

老中というのは江戸幕府の機構の中では万機の政を統ぶる人臣の極官」といわれるほどの権力の中枢です。そのような人がどうしてクビになるのかは不思議といえば不思議です。

老中の定員は時代により変わりますが4~5名で重要事項は基本的に合議制で行います。
老中同士では、一番古株の先任老中が格上となりますが実質的には、家格の高い老中がリーダーシップを取ったようです。もちろん、将軍から特に老中首座を命じられた場合はこの限りではありませんが。
江戸幕府の機構は南・北・中の江戸町奉行の例を引くまでもなく、将軍家以外のほとんどの役職が複数名任命されることになっており個人に権力が集中しにくい組織となっています。

このように老中個々人が最高権力者というよりも老中全員による機関が実質的政務決定機関であるといえます。老中個々人は最高権力者という訳ではありませんから、老中同士の権力争いあるいは他の勢力から糾弾され罷免に追い込まれることもあるわけです。
政務決定の責を追う老中も将軍家の信任はもちろん御三家、溜りの間など諸方面のバックアップがないとなかなか仕事ができないのです。

罷免される一番の理由は、将軍の信任が得られなくなった場合でしょう。
老中を罷免するのは、将軍以外にはいないのです。そして将軍もまた自らの意思一つで老中の首をはねたり、すえたりすることは難しいでしょう。この辺がとても政治的なところです。

一例として天保の改革についていえば、水野忠邦が将軍家慶を棚上げして政務を行ったのではなく、むしろ家慶が家斉時代の弛緩した幕政を一掃し、幕藩体制と貨幣経済の発展の矛盾を解決を強く願い、水野忠邦を老中首座に据え、忠邦はその意を受け政策により具現化していった図式であるといえます。

ところが、諸政策は思ったほどの効果が得られず、既得権を侵される人々を中心に反対勢力が大きくなっていきました。
そのような勢力から押されたのが、老中・土井利位(としつら)で、はじめは忠邦に協力していましたが反対派の急先鋒となり、紀州家をも味方につけることに成功、これらの勢力の力で将軍・家慶も忠邦を罷免せざるおえなくなったのです。


にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ

バナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上がります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/42-52ad73e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。