徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
家定物語~篤姫が嫁いだ将軍(後編)
2008/01/19 20:38 [Sat]
category:〔十三代〕家定
篤姫が嫁いだ将軍・家定物語の後編です。

家定は、虚弱な体質であり、幕政をリードできるほどの資質を備えていなかったのは史実が証明するとおりです。

前回、ご紹介したとおり家定は、癇癖将軍とか芋公方などとあだ名されています。
家定には、何らかの体の障害があり、日常的に首を振ったり、手足が痙攣する体質であったことや饅頭やカステラを作ったり、豆を煮たり、芋をふかすことが好きだったためです。

このようなあだ名や逸話から家定の人間像は、知性に問題があって、子供のような事に熱中した子供同然、あるいは廃人のような将軍との印象を後世に与えています。

ところが、家定は、将軍としてアメリカ領事タウンゼント・ハリスの謁見を行った事で知られています。
幕臣がセットした舞台を演じただけという見方もできますが御側御用取次を勤めた竹本要斎の回顧談として次のような話があります。

「外国人などは畜生に近いものという時代に家定様には偏見がなく、外国の事情に通じていた外科医を手許に呼び寄せて、外国の事情を尋ね、得心のいかないことは更に幕府の通辞に調査を命じており、そのような事は前後の将軍にもなかったことである。」

次のような話もあります。
家定は、中奥の御山から、アメリカから贈られた高性能の望遠鏡で品川沖を眺め、ペリー艦隊の動静に心を悩ましていたと。

また、実際に家定は、幕府の武芸訓練機関である講武所にたびたび赴き、軍事調練や軍艦や大砲などの視察も行っている。

それでは、なぜ、家定の知性に問題のあるという評価が定着してしまったのでしょうか。
この評価の元となったのは「安政紀事」という本と言われています。著者は、内藤耻叟(ないとうちそう・元水戸藩士)。
私の蔵書にもありますが、内藤は「徳川十五代史」の著者としても有名で、後に帝国大学の教授になった人物ですが歴史学者の間では、記述に誤りの多い事も指摘されています。

家慶の時代から将軍職に嘱望されていた水戸家出身の慶喜を後継に指名せず、家定自身が慶喜嫌いであったため、もしかすると、元水戸藩士である内藤としては家定嫌いで殊更に厳しい記述となったのかもしれません。

家定は、安政3(1856)年12月18日、3度目の御台所・篤姫を迎えますが、安政5(1858)年7月6日に脚気衝心で薨去します。

平穏な時代であれば、家定も自分の人生を楽しみ、もう少し長生きも出来たのではないでしょうか。
ところが、時代は、家定に未曾有の外圧を与えます。

家定は、生まれながらに将軍になることを運命付けられて育ちました。
病弱な体と自分の能力の限界と闘い、絶望と孤独感に思い悩む事も多かったのではないでしょうか。

家定に、このような評価もあることを参考に大河ドラマ「篤姫」を見ていただきたいと思います。


にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ

バナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上がります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
【 そこが・・ 】
歴史って後に書かれる内容で大きく変わってしまうものですね。
そこが面白いところでもあるんですが。
家定には私は悪い印象はもってません。
純粋な人だったのではと、思います(病気の特性もあるでしょう)
篤姫は「鹿児島に帰れって私にどんな落ち度があるってか!?」とたんかをきったという話もあります。
たった二年ばかりの夫婦生活ですが、なんだかお似合いだったような気もします。

あと、よろしければうちのブログでこちらをリンクしてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m
2008/01/21 09:22
URL | 若葉 #mQop/nM. [ 編集 ]

【 こんにちは~ 】
清正さん、こんにちは~

家定さんの予備知識、ドラマを見るうえで、とてもためになります~

昨日の「篤姫」では、ただのヘンな人ではなく、スルドイところを見せ、その本心に島津斉彬だけが気づく・・・という感じに描かれていて、今後が楽しみです。
2008/01/21 18:51
URL | indoor-mama #nlBqyCS. [ 編集 ]

【 遅くなって・・・ 】
ごめんなさい。

>若葉さん
この記事を書いた後の放送で、家定が愚とも賢とも付かない微妙な行動を取ってましたね。
グットタイミングでした。

リンクの申し出ありがとうございます!
協力して「篤姫」盛り上げていきましょう!

>indoor-mamaさん
斉彬が前面に出てきましたね。
おそらく、阿部老中も家定の尋常ではない感受性を知っていたのでしょうね。

すみません、勝手にリンクしちゃいましたよ~
2008/01/24 22:05
URL | 清正 #- [ 編集 ]

【 ありがとうございました 】
リンクしていただいてありがとうございます。

早速、こちらからもリンクさせていただきました~

これからも、よろしくお願いします。
2008/01/25 01:17
URL | indoor-mama #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/44-e03eae01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。