徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
御台所の居室
2008/01/27 22:28 [Sun]
category:大奥の話
今回は、篤姫が暮らすことになる大奥という場所についての話です。

大奥があった江戸城は、本丸のほか二ノ丸三ノ丸西丸から成っており、本丸は将軍が居城し、幕府の政庁としての機能を果たしていました。

二ノ丸以下は、時代により使われ方は違ってましたが、将軍世子大御所御台所将軍生母の住居として使用されていました。
大奥女中は、それぞれが将軍付、御台所付、将軍生母付などと所属が決まっており、主人が二ノ丸にいれば二の丸に詰めており、従って、本丸以外にも大奥が形成されていました。


御台所住居
本丸の大奥は、本丸御殿の一部を指します。

本丸御殿の広さは、一万一三七三坪(1845年造営の御殿)で、表向・中奥・大奥に三区分することができ、更に大奥の内部は御殿・長局・広敷という3つの区域がありました。

御殿には、将軍の大奥での寝所や御台所らの居室や奥女中の詰所があり、長局には、奥女中の住居があり、広敷は、別棟となっており、大奥の事務を行う男性職員が詰めていました。

「大奥」という名称は、表向に対して一番奥ということですが、大名家等では、「奥向」又は「奥御殿」などと呼称していました。

大奥内の構造は、現存する絵図が少ないため、詳しい事はわかっていないようですが、大奥内の構造が何度も変更されています。
本丸御殿自体が火事で何度も焼失・再建を繰り返しているせいもありますが住む人の都合もあると思います。大きな傾向として、時代とともに構造が複雑になっていく傾向があるようです。

上図は天保15(1844)年造営の大奥御殿のうち、御台所居室周辺図です。

御台所の通常の生活の場が「新御殿御上段」「御下段」「御休息」で、寝室が「御切形ノ間」です。「御化粧ノ間」が化粧道具の置き場、「御納戸」が更衣室兼化粧室です。

現在、本丸御殿の場所は、皇居東御苑となっており、大奥を偲ばせる建物は現存しませんが、一般公開されていますので是非、訪れてみてください。


にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ

バナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上がります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:歴史大好き! - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
【 】
謎の大奥・・・とても、くわしく紹介されていて勉強になります。

ところで、メチャメチャつまらない質問なんですが、聞いてもよろしいですか?

お嫁さんの事を「奥さん」と言ったり、厨房の事を「台所」と呼んだりするのは、大奥や御台所からきてるんでしょうか?

小学生のような疑問ですが、もし、ご存知でしたら教えてくださると、悩みが一つ解決しますので・・・。
2008/01/31 01:23
URL | indoor-mama #- [ 編集 ]

【 】
indoor-mamaさん、こんばんは

「奥」というのは、文字どおり奥の方という意味ですが、平安貴族の正妻は入り口から最も離れた奥御殿に暮らしていたらしいです。方角で言うなら北側。

ということで身分の高い人の妻を、「奥方」とか「北の方」と言われるようになったらしいですよ。
「大奥」もこの語源からきているのでしょうね。ちなみに大名家などでは「奥向」「奥御殿」と言われていました。

「台所」ですが、「台」には食物とか、お金の意味があるらしいです。食物を扱う所、お金を扱う所を「台所」と言うようです。
2008/01/31 22:06
URL | 清正 #- [ 編集 ]

【 】
清正さん、おはようございます・・・

なるほど・・・ありがとうございました
2008/02/01 09:18
URL | indoor-mama #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/45-7360e4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。