徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
篤姫展で思ったこと
2008/04/05 15:48 [Sat]
category:篤姫(天璋院)
今週、関東地方で仕事があったため、時間を見つけて江戸東京博物館で開催されている篤姫展に行ってきました。

想像以上の客入りで客の7割は、中高年の女性で熱心に書状等に見入る人が多くいました。
書籍などでいろんな知識が頭にあるものの、実際に篤姫が書いた書状や身の回りの品々を見ると少しだけ篤姫の心情や当時の微妙な政治情勢がよりリアルに理解できたような気がします。

・篤姫の将軍家輿入れは、それ自体が実現しない恐れや側室として入る可能性もあったということ

・家定が描いた書画を見ると、決して暗愚という一言で評価出来る人物ではないということ

・篤姫は、慶喜を次期将軍家に立てることに積極的ではなかったこと

・幕府瓦解後、篤姫は完全に徳川家の人となり、出身の薩摩に対して不快感さえ覚えていたらしいこと

そして、篤姫展の最後のパネルに徳川家と島津家の現当主が篤姫を讃える言葉を掲げていたのが印象的でした。

スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
【 こんばんは~ 】
清正さんこんばんは~
真夜中に申し訳ないです~(土曜日なもので、つい・・・)

篤姫展・・・
実は、大阪城の近くにある「大阪歴史博物館」でも4月19日から開催される予定なんです。

ひょっとして、東京のが終って大阪に来るんでしょうか・・・

一応、行く予定にしていましたが、今日の清正さんのブログを拝見して、ますます楽しみになりました~。

篤姫愛用の小袖を見たくて行くつもりだったのですが・・・なるほど、書状などを見ると、その人の人となりも垣間見えますもんね。

しっかり見てきます。
2008/04/06 02:19
URL | indoor-mama #- [ 編集 ]

【 】
そうなんですか。大阪でも開催されるとは知りませんでした。

篤姫の衣類や輿入れ道具もたくさん展示されていましたよ!
是非、感想を聞かせてくださいね。
2008/04/07 22:00
URL | 清正 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/55-f4e890e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。