徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
慶喜、恭順の理由2
2008/04/26 22:41 [Sat]
category:〔十五代〕慶喜
前回に続いて、大政奉還後の慶喜の行動について、ご紹介します。

慶喜の採った大政奉還に対して、薩長側は慶応3年12月9日岩倉具視西郷隆盛の主導により、薩摩兵が御所九門を固め、親幕派の摂政や朝彦親王らの参内を阻止して15歳の明治天皇を戴き、王政復古の大号令を発するのです。

王政復古の大号令は、慶喜から見れば、薩長勢力による武力クーデターに他なりません。
この時点では、慶喜は恭順どころか、激怒して対決姿勢を鮮明にします。
一方で慶喜自身、兵とともに京都に留まる事は、武力衝突を招く恐れがあるため大坂城に身を引きます。
大坂城に入った慶喜は、兵と軍艦を集めて薩長側に圧力を加えると同時に、諸外国代表とも次々に引見して自らの正当性と同時に諸外国の内政不干渉を訴えます。

このような慶喜の動きに触発されたように薩長勢力に制圧された京都では、肥後藩・筑前藩・阿波藩など在京諸藩から薩長兵の引揚げの要求が出され、諸外国代表からは王政復古の撤回要求が朝廷に出されます。
結果、朝廷では12月22日に従前同様に徳川家による大政委任の継続を承認した告諭が出されることとなります。
この事は、事実上、王政復古を無実化したことを示すものであり、12月9日のクーデター以前の状態に引き戻したということでもありました。

ここまでの慶喜の政治豪腕は、まさに権現様(家康)をみるような巧みさで大いに評価できるものと言えるでしょう。

しかし、薩長側は幕府側を挑発することによって、武力討伐の大義名分を得ようとします。
慶応3年12月、江戸では隊伍を組んだ浪士が押し込み、強盗、放火などの乱暴を働く事件が相次ぎます。
また、江戸城に火を放ち、混乱に乗じて和宮天璋院(篤姫)が薩摩に連れ去られるのではないかという流言が飛び交うようになります。

通説では、これらの騒動は、西郷隆盛の指示のもとに益満休之助伊牟田尚平らが実行したものとされていますが、これらの騒ぎに便乗した無頼の浪士たちも同様の事件を起こしたことから益々、江戸の治安が乱れ、ますます幕府の威信が下がる事態となったのです。

このような事態に佐幕派急先鋒の庄内藩松山藩は業を煮やし、幕府の弱腰を非難。
ついに2藩を主力とする幕軍が薩摩藩邸を包囲、犯人の引渡しを求める事態となります。これを拒否した薩摩との間で戦闘となり、薩摩藩邸と薩摩藩支藩の佐土原藩邸が焼失します。

この事件は、大坂に集結する幕軍を刺激して、大いに戦意が盛り上がり、ここに慶喜は京都の軍事的封鎖を目的として、鳥羽・伏見両面の進軍を承認するに至るのです。

このあと、慶喜は鳥羽伏見の戦いに敗れ、一転、恭順姿勢を採るのですが、その理由は次回に!


  ランキングに参加しています。
  是非、ポチッと応援してください。よろしくお願いします。


  にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ   
スポンサーサイト

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/56-852c4221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。