徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
大奥側室の存在~お志賀の方
2008/05/24 17:21 [Sat]
category:大奥の話
NHK大河「篤姫」では、篤姫のライバルとして側室お志賀の方(鶴田真由)が登場しています。

お志賀は実在の人物です。
しかし、お志賀については、詳しいことがわかっておらず、これまでは余り描かれることの少ない人物でした。

伝わるところによると、旗本・堀美濃守の娘でお目見え以下の御三の間からお目見え以上の中臈(ちゅうろう)になったといいます。
御三の間というのは旗本の娘が最初に就く役職であり、将軍のお手が付けば中臈に上がりますから、特別なことではないのですが、将軍・家定の側室はお志賀しかいないことを考えると何か特別な事情があったのかもしれません。(おちかの方という側室もいたとする説もあり)

ただ歴代将軍と比較すると側室が一人というのは、非常に特異なことでした。
徳川の血筋を残すことが家定に課された大きな使命だったはずですが、よく言われるように家定に子作り能力がなかったのかもしれません。

また、私見ですが、家定自身、
「余は名ばかりの将軍じゃ、次期将軍のことまで家臣どもがとやかく言っておる。自分の子に将軍職を譲っても余のような不幸者を作るだけじゃ。
徳川の血筋など他にいくらもあるではないか。」

という心境だったのかもしれません。

ところで側室という存在は、第二夫人というイメージが強く、御台所に準ずる特別な待遇があったと思われがちです。
確かに江戸時代前期には、将軍の特別な寵愛を受ければ、自分の待遇だけではなく一族が大出世することも可能でしたが、六代将軍・家宣時代に大奥の構造も変化し、側室といえども女中の一人であるということが徹底されるようになります。

江戸時代後期になると、御台所や将軍生母などは御殿向に独立の部屋があるのに対して、側室というだけでは長局で他の女中一緒に生活しなければなりませんでした。
妊娠して、はじめて御殿向きに専用の部屋をあてがわれたのです。
ちなみに将軍お手付きとなると内証の方と呼ばれ、女子を生むと御腹さま、男子であればお部屋さまと呼ばれました。

お志賀もあくまでも中臈の一人ですが、家定は心を許していたのか、大奥に足繁く通ったといいます。 また、お志賀は美人ではないが、綺麗に見えたという大奥女中の話が残っています。
家定が35歳で世を去った時、お志賀は40代であったといわれ、かなり年上だったということを考えればお志賀の家定に対する思いは、母性愛に近いものだったのかもしれません。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
【 こんにちは~ 】
なるほど・・・お志賀の方は実在の人物なのですね・・・

鶴田真由さんを久しぶりに見ましたが、純粋なのか?したたかなのか?そのままやさしい人なのか?ウラがあるのか?・・・
何とも、つかみどころがない感じを見事に演じておられましたね~

原作を読んでないので、どうかわかりませんが、今週の内容と来週の予告を見る限りでは、ドラマでも、清正さんの私見>「余は名ばかりの将軍じゃ・・・」のような雰囲気で家定さんは描かれるようですね。

すべてのスケジュールを決められ、早く世継ぎを世継ぎを・・・と、追い立てられる身の上を考えると、それに抗いたくなる気持ちもうなづけますね。

ところで、先日の放送で、篤姫が「お人ばらいを・・・」と言って、例の寝所をともにする御坊主さんたちが部屋を出て行ったり、その後も、「今後は、もう、誰もともにしないようにした」って言ってましたが、ご本人たちの意思で、寝所でふたりっきりになる事は、実際にも可能だったのですか?

もし、ご存知だったらお教えください・・・
2008/05/26 16:55
URL | indoor-mama #- [ 編集 ]

【 大奥の水着姿 】
篤姫は先々週見たとは思いますが、お志賀の方は知らなかったでした。
大奥専門ブログですか、面白いですね。さまざまな人々が登場しますね。徳川家に受け継がれるは、大変な活躍ですね。


私のブログは歴史人物の水着姿のブログです。
このなかでも、大奥のビキニ姿もあります。
よかったら見てください。
2008/05/27 22:16
URL | sisi #- [ 編集 ]

【 】
こんにちは、indoor-mamaさん

寝所で2人きりの話ですが、どうなんでしょうね。
将軍が、厳命すれば不可能ではなかったと思いますが、たぶん、そのような事実はなかったでしょうね。

基本的に殿様は、家臣に迷惑をかけないように教育されていますし、逆に「上様、そのような前例はありませぬゆえ、勝手気ままはお控えくださいませ!」と年寄りに一喝されたかもしれませんね。


sisiさん、はじめまして

コメントありがとうございます。
ユニークなブログですね。
楽しませていただきました。
2008/06/01 14:04
URL | 清正 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/62-98bde20d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。