徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
家定の生母・本寿院の生涯
2008/06/22 19:15 [Sun]
category:大奥の話
NHK大河「篤姫」では、将軍・家定の生母・本寿院が将軍家後継を巡って、篤姫に対決姿勢を露わにしていきそうです。

前回ご紹介したとおり、本寿院は大の水戸嫌い水戸斉昭の子である一橋慶喜が将軍後嗣となることに大変な拒否反応を示していました。
ただ、ドラマではともかく、本寿院と篤姫が深刻に対立したという記録はないようです。

本寿院の落飾前の名前は、お美津の方(竪子)中級旗本・跡部氏の娘でした。
姉が家慶の弟付き女中であった縁で西ノ丸大奥御次として奉公に上がったとされています。
また、一説には、後に家定の乳母となる歌橋がお美津を大奥に奉公させたとも言われています。

御次という役職は仏間や膳部等の道具を整えたり、掃除などをする役目でさほど高い身分ではありませんがお目見え以上でもあり、行事で芸事を披露することが多かったとされていますから、そのような機会に当時まだ将軍世子であった家慶の目に止まったのかもしれません。

家慶は、正室の他に生涯15人程度の側室を持ち、27人の子供を持ちましたが、成人まで成長したのは家定だけでした。お美津の方も家定のあとに2人の男子を出産しましたが幼いうちに亡くなっています。

お美津の方は、家慶のお手が付いて慣例どおり御中に昇進します。
更に家慶が12代将軍になると老女上座という地位を与えられます。
このことはお上並み即ち将軍家の身内としての待遇を与えられたということで、お美津は大奥内で不動の地位を築くことになります。

ただし、家定の養育は専ら乳母の歌橋に委ねられため、人見知りの家定は専ら歌橋に懐いていたといわれています。
また、中級旗本出身から高い身分となったお美津にとって、トイレにお供を連れて入るという習慣は、受け入れ難かったらしく頑なに拒んだという微笑ましいエピソードが伝えられています。

嘉永6(1853)年、家慶が逝去するとお美津は、落飾して本寿院と名を改めます。
更に家定が逝去してからも大奥に留まりますが、14代将軍家茂が和宮を江戸城に迎えるに当たって、大奥を去り、二ノ丸へ移りました。

江戸城開城の際、本寿院は名を聞くのも嫌った一橋邸に天璋院(篤姫)とともに身を寄せました。

明治に入ってからの消息は、伝わるところが少なく一橋邸で亡くなったとも、居を転々としたとも言われ、亡くなったのは明治17(1884)年とも明治18(1885)年とも伝えられています。

   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
【 】
清正さん、こんばんは~

>ドラマではともかく、本寿院と篤姫が深刻に対立したという記録はないようです・・・

やっぱり、そうなんですね。

ドラマでは、かなりの嫁VS姑バトルが繰り返されていますが、先日の「篤姫展」での史料を見た限りでは、二人は、けっこう仲が良さそうに感じていたので・・・。

確かに、後継者では対立したかも知れませんが、個人的恨みは、お互いに無かったんでしょうね・・・きっと・・・。
2008/06/22 23:07
URL | indoor-mama #- [ 編集 ]

【 将軍家の子供達 】
初めまして。

今日の篤姫を見た後、ネットを見ているうちに辿り着いて、たいへん興味深く読ませていただいています。

以前、大河ドラマの「吉宗」を見ていたときにも感じたことですが、将軍の子供の成人率の低さは異常ですよね。家康・秀忠までは普通に成長したのに、時代が下るに従って凄い死亡率。何か、原因と考えられていることはあるのでしょうか。
2008/07/21 00:22
URL | 染太郎 #e6kAHN2k [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/67-22d5746c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。