徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
将軍になりたくない理由
2008/06/29 20:35 [Sun]
category:その他将軍家の話
NHK大河「篤姫」では、一橋派の旗色が悪くなってきたようです。

前回もご紹介しましたが本寿院は大の水戸嫌いではありましたが、篤姫と表立って対立した事実はないようです。
本寿院は、家定の実母で将軍家の身内の待遇ではありましたが、前将軍・家慶の側室ですから正室たる篤姫とは身分が異なり、後の天璋院(篤姫)と家茂の御台所・和宮との対立とは、事情が違うところだと思います。

篤姫は、義父・島津斉彬から託された「一橋慶喜を次期将軍にする」という使命を果たそうとしますが、反一橋派で固められた大奥の中にあって万策尽きたのか、本寿院、滝山歌橋らに理があると感じてしまったのか成果を挙げることができませんでした。

ところで、この時点で慶喜自身が将軍職を望んでいたのか否かについては、いろんな見方があるようです。

大河ドラマでは、阿部正弘島津斉彬の前でも、篤姫との対面でも「将軍候補に推されるなど迷惑」だといわんばかりの態度で周囲を落胆させていますが実際はどうだったのでしょうか。

慶喜は父・水戸斉昭宛てた書状で
「最近、私が将軍家の養子になる話があるが、もし父上が城中でこれを聞かれた場合には、絶対そのような事はあり得ないと申してほしい」と書いています。

また、後に日本資本主義の父と謳われた慶喜の家臣・渋沢栄一「徳川慶喜公伝」では、慶喜自身の言葉でこの時の心境を語っていますので、私の現代語訳でご紹介したいと思います。


「余を将軍家の御養君としようと動いている者がいる事は、各方面から聞き及んでいた。
松平慶永川路聖謨岩瀬忠震島津斉彬などからも将軍となる身であるから学問が必要であること、身体を大切にすべきことなど注意を受けたこともあった。

平岡円四郎(一橋家家老)からも熱心に御養君となるよう勧められたけれども、西丸へ入っても何の見込みも立たないため、固辞した。
(中略)

余がこのように御養君となることを嫌った理由は、当時の幕府は既に衰亡の兆をみせていただけではなく、大奥の状態を見ると老女というのは実に恐るべきもので、実際、老中以上の権力があった。 このような状態では改革などできず、引き受けたとしても、徹底した立直しを図る見込みなどないからである。

よって予は、真実、御養君の事はお受けしないと決心したのである。(以下略)」


慶喜は、なかなか本心を見せない人だったために、本人が否定しても逆に取られてしまいがちですが大奥の権力にまで言及しているあたり、言い訳には思えないのですがどう思われるでしょうか?


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
【 慶喜って 】
水戸家の七男ですよね。何故、七男なのに将軍継嗣に推挙されたんですか?長子継承の観点から見て慶喜の兄達が将軍継嗣に推挙されて然るべきだと思うのですが、その辺の事情をお教えください。真に以て浅学非才で的外れな質問で恐縮ですが、どうか一つご教授賜りたく宜しくお願いいたします。
2008/07/02 17:29
URL | マー君 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://seisyonet.blog34.fc2.com/tb.php/69-e353772f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。