徳川将軍家と大奥のブログ
十五代の将軍家と謎の多い大奥について語るブログです!
スポンサードリンク

プロフィール

seisyo3

Author:seisyo3
「武士の時代」の管理人・清正です。
よろしくおねがいします。
武士の時代
アラフィフのクラウドな気分
tyukamanをフォローしましょう

サイトマップ

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

管理人へメール

あなたの名前とメルアド、タイトル、内容を入力して確認ボタンを押すと管理人に送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

はじめに


   このブログは、15人の徳川将軍家と大奥の周辺についてのブログです。

   本館HPは   ⇒ 武士の時代
   歴史とは関係ないですが ・・・ アラフィフのクラウドな気分
  歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 │ 
11/03のツイートまとめ
2010/11/04 00:00 [Thu]
category:歴史ツィート
tyukaman

「戦国時代の秋田」展?県公文書館が戦国武将の書状を展示紹介 11月2日から 秋田経済新聞 http://ow.ly/33AgC
11-03 15:54

大奥の妻たちの華…寛永寺の副葬品修復 読売新聞 http://ow.ly/33A7F
11-03 15:38

「柳沢氏発祥之地」に石碑完成  山梨日日新聞 http://ow.ly/33A58
11-03 15:33


明けましておめでとうございます。
2010/01/01 00:26 [Fri]
category:その他
明けましておめでとうございます。

年が明けました!
HPの「武士の時代」は開設以来11年目に突入しました。
掲示板を休止していますので、こちらでご挨拶をさせていただきます。

HPもブログも全く更新休止状態ですが、訪問していただいた方、ネット上でお世話になっている方、昨年はお世話になり、ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

仕事が忙しく、ネット上の活動は出来ていませんが、昨年は「三成伝説」という本の執筆陣の末端に名を連ねることができ、大変貴重な体験をさせていただきました。
本年は少しでも記事を投稿できたらと思っています。

2010年が皆さんにとって幸多い年となりますように!

明けましておめでとうございます。
2009/01/01 00:54 [Thu]
category:その他
皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は篤姫ブームで多くのアクセスいただきありがとうございます。

本館の「武士の時代」では、今年で満9周年を迎え、10年目に突入します。
長い間、支えていただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

また、昨年末には戦国版ブログも開設しましたので、当ブログともどもよろしくお願いいたします。

★戦国版ブログ
武士の時代戦国ブログ
★本館
武士の時代

それでは、今年が皆様にとって幸多い一年となりますように!

   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代


西郷の心を動かしたもの 2
2008/12/31 16:07 [Wed]
category:その他
前回記事で、江戸城の開城により、無血に近い形で明治維新という革命が実現したことを書きました。
もちろん、本当の意味での無血革命ではありませんでしたが、世界史的には珍しいほど混乱が少ない形で革命が成し遂げられたのです。
edojyou.jpg
西郷隆盛が江戸城総攻撃を中止したのは、静寛院天璋院の嘆願書もさることながら、西郷の中で勝という人物を高く評価していた事、勝も西郷に応える度量があった事、その事が大きかったのではないかということをご紹介しました。

ただ、西郷が江戸城総攻撃中止という決断に至るには、他にも重大な理由があったのです。

幕末の日本では、諸外国が利権を狙って旧幕府側にフランスが、新政府側にはイギリスがついて様々な形で援助を行っていました。
ところが、新政府側が江戸城総攻撃に備えて、横浜に病院を建ててもらいたいとイギリス側に依頼したところ公使・パークスは次のとおり答えたと言います。

「吾々の聞く所に依ると、徳川慶喜は恭順と云うことである。その恭順して居るものに、戦争を仕掛けるとは如何」
パークスは、内乱がイギリスの権益上、不利に働くことを嫌って江戸城総攻撃に批判的な態度を示したのです。

勝海舟は、以前からフランスの力を借りて幕政改革を図る幕府首脳に批判的でした。
パークスの意向を掴んでいた勝は、
「西郷さん、外国の侮りを受けないためには、日本人同士が争っている場合ではないじゃないか」と説得したことでしょう。

また、次のような話も伝わっています。

江戸に向けて進軍する西郷のもとに、大田垣蓮月という78歳の尼から和歌がしたためられた短冊が届けられたといいます。

「あだ味方 勝つも負くるも 哀れなり 同じ御国の 人と思へば」

西郷は、これに対し丁寧に「ご安心ください」と返事を返したとのことです。
歴史を左右したのは、意外にもこういったところにあるのかもしれません。


   歴史ブログ集はこちら >>> 歴史ブログ 江戸時代

西郷の心を動かしたもの1
2008/12/26 14:04 [Fri]
category:その他
江戸城の無血開城は、いろんな糸が絡み合い奇跡のように実現した政治劇でした。
その後、東北戦争箱館戦争と内戦が続き、痛ましい血が流されることになりますが、大きな革命であった割に混乱が少なかったのは、江戸城の無血開城が実現したからなのです。

徳川家康は、大坂の陣によって、前政権者であった豊臣家を完全に葬りました。
政権を奪取するには、前政権をシンボリックに葬るというのが常套であるのです。

明治新政府は、江戸城総攻撃を慶応4(1868)年3月15日と定めて、静寛院宮(せいかんいんのみや、14代将軍・家茂の御台所・和宮)の許婚であった有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう)を大総督宮とした東征軍を組織し、江戸城を目指して進軍を始めました。

ところが、旧幕府の全権委任を受けた勝海舟と東征大総督府参謀の西郷隆盛の二度に渡る会談によって、江戸城の開城や武器の引渡し、慶喜の水戸での隠居などの条件によって江戸城総攻撃は中止され、ここに家康以来の徳川幕府は終焉を迎えました。

西郷に江戸城総攻撃の中止を決断させたもの、それは何だったのでしょうか。

NHK大河ドラマ「篤姫」では、天璋院(篤姫)は、まず静寛院宮に朝廷宛の書状を出すことを依頼し、自らも西郷にあてて書状を出しています。書状は、両方とも慶喜の不始末を詫びるとともに自分の一命をかけて徳川家の存続を願うというものです。
そして、亡き島津斉彬の書状を勝海舟に託すことによって、西郷の心を動かしたというストーリーとなっていましたが斉彬の書状の事は、原作者の創作と思われます。

皇女であり内親王である静寛院宮が朝廷に、島津斉彬の養女である天璋院が薩摩隊に向けての真摯な歎願は、恐らくは維新政府側に強いインパクトを与えたでしょう。
天璋院の書状は有名であるために篤姫の歎願が徳川家を救ったと論じられる場合もありますが、政局を変える決定的な要因となったとは思えません。

実は、幕府の全権が勝海舟であった事も大きかったのではないかと思います。
西郷と勝の関係は次のようなものです。

10年前の安政5(1858)年、勝は海軍伝習所幹部として咸臨丸に乗って薩摩を訪問しており、その時に西郷の主君・島津斉彬に会っています。
斉彬は勝の先見性に大いに信頼を寄せて、その後も書状で意見交換するほどでした。
西郷も勝の名前は知っていたことでしょう。

西郷が始めて勝に会ったのは、元治元(1864)年でした。
西郷は、勝の印象を大久保一蔵(利通)あての書状に興奮気味に書いています。
勝に打ち勝つつもりが頭を下げることになったこと、どれほどの知略があるか知れない人物で学問見識は佐久間象山が抜群だが人物としては佐久間を超えるということ、勝先生にひどく惚れてしまったこと、などが述べられています。

時が経ち、新政府側、旧幕側の代表として会談に臨んだ時に西郷の胸には、どんな思いが去来したでしょうか。
勝が訴える「外国の侮りを受けないためには、日本人同士が争っている場合ではない」という言葉が重く響いたに違いありません。

西郷が江戸城総攻撃を中止した理由は、英国公使パークスの意向など他にもありますが、それについては次回に。


ブログ集はこちら ⇒⇒⇒ にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ



絶対おすすめ!

管理人の所蔵本のうち、価値ある本としておすすめする本です

スポンサードリンク

アンケートサイト

gooリサーチモニターに登録!

マクロミルへ登録

ブログランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
 クリックして応援お願いします。

アフィリエイト

アフィリエイトならリンクシェア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。